ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ|最高のコラボ!

ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ|最高のコラボ!

ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ(NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA)について

・デザイナー丸山敬太さんとニューヨーカーがコラボした製品群です。丸山さんはDREAMS COME TRUEのステージ衣装を手がけたことでも有名ですね。

 

 

・デザイン傾向としては、次のような評価があります。

 

・ケンゾー(高田賢三)から影響を受けている
・独自の解釈によるストリート・スタイルを好む
・オリエンタルな刺繍とかエスニックなモチーフが得意
・西欧的なバランスと技術も併せ持っている

 

 

・正直なところ、上記の評言にある「ストリート」「オリエンタル」「エスニック」といった言葉とニューヨーカーとはあまり結びつかない感じがします。カジュアル製品の色やデザインには、なるほど・・・と思わせるものがありますが・・・。

 

 

・とはいえ、2013年にJALの客室乗務員の制服デザインを丸山さんが手がけたことは、多分、みなさんご存知のとおり。つまり、フォーマルなデザインが超得意なデザイナーさんなのです。ならば、トラッドなニューヨーカーのスーツ等は得意中の得意分野。

 

 

・スーツのように基本形がすでにがっちり固まっているものの場合、デザインの違いというのは、身に着ける人が、生活の中で、ふとした折に「おやっ」と気づいたりするものです。NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAには、たとえば、セットアップスーツの襟の幅、ウエストの締まり具合など、着る人にひたひたと湧き上がるような静かな満足感をもたらす要素が秘められています。

 

 

・無謀なお値段でないところも好感を持てるところですね。

NEWYORKER BY KEITA MARUYAMAはこちらを

 

 

《NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA|デザイナー丸山敬太さんとのコラボ》

 

■ニューヨーカー/NEWYORKERについて

・株式会社ニューヨーカーが運営している既製紳士服・婦人服のブランドです。

 

 

・全国の主要百貨店を中心に多くの店舗(217店舗)があり、また、公式オンラインショップ【NYオンライン】を運営しています。

 

 

・商品アイテムはフルラインナップで展開していますが、主力となるのは、紳士服と女性通勤着です。

 

 

・紳士服の場合、品位の高い生地と確かな縫製を基本としたビジネススーツです。また、女性通勤着では、ベーシックに時代の流行感を加味したデザインを得意としています。

 

 

・公式オンラインショップ【NYオンライン】では、現在5つのセクションに分かれています。

 

@ニューヨーカー(メンズ・紳士服)
Aニューヨーカー(ウィメンズ・婦人服)
Bニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ
Cサリー・スコット
DNYオンラインセレクト

 

 

・株式会社ニューヨーカーの所在地は、東京都千代田区外神田3丁目1番16号ダイドーリミテッドビル 5階です。

 

 

・代表取締役社長は戸澤 かない(とざわ かない)という方です。

 

 

・グループ会社として、株式会社ダイドーリミテッド(ホールディングカンパニー)、株式会社ダイドーインターナショナル、株式会社ダイナシティーなどがあります。
<※>「ダイドー」といっても、飲料水のダイドーとは全くの別会社です。あちらは「ダイドードリンコ」です。

 

 

・あまり知られていませんが、ニューヨーカー/NEWYORKERの親会社である株式会社ダイドーリミテッドというのは、牧場経営から糸、織物、衣料品の製造、販売まで一貫した事業展開を行う国内唯一の企業なんです。すごいんです。

詳しい内容はこちらを

 

 

《NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA|デザイナー丸山敬太さんとのコラボ》

 

■ニューヨーカー/NEWYORKERのブランドイメージ・口コミや評判

・「ハウスタータン」と呼ばれるチェック柄は、ニューヨーカーというブランドを特徴づける象徴ともいえ、ウエア、財布、バック、マフラー、iPhoneケースなど様々なアイテムに使われています。とはいえ、主力のスーツやネクタイなどでは使われることはなく、これらの商品の場合は、ごく普通の「チェック」としてデザイン処理されています。

 

 

・ニューヨーカー/NEWYORKERの特徴は、やはり、なんといっても、トラッドです。trad、つまり、traditional。

 

 

・伝統的で、シンプルで、簡素で、飽きのこないデザイン傾向が最大の特徴となっています。

 

 

・「トラッド」の定義など難しい話はWikipedia等に譲るとして、ニューヨーカー/NEWYORKERの愛用者の声を拾うと、次のような声が多く聞かれます。

 

(デザインの耐用年数が長いです。長く着れるんです。経済的だし、愛着も深まっていいですよ。)

 

(とにかく縫製が信頼できる<※1>。ボタンの糸の質までちゃんとしている安心のブランドです。パッと見で人にどう見られるかも大事だけど、こういう内側から信用できる感じはもっと大事ですから。)

 

<※1>2プライスなどで知られるスーツの量販店では、実は、生地に関しては、大量仕入れ方式によりかなり上質なものを使っています。しかし、差が出るのは「縫製」の部分です。ニューヨーカーは格上です。ご安心を。

 

(「適正価格」という言葉がぴったりのブランドですね。安くはないけど、高すぎる感じもないです。満足度高いです。)

 

 

・イタリアの高級ブランドスーツなどを着ている人からは、「見栄」「金満」「これ見よがし」「自信過剰」・・・といった印象を受けることが多いのですが、ニューヨーカー/NEWYORKER着用者からは、そういう印象はまず受けません。他人の目を過剰に意識せず、ゆったりとご自分の生活を楽しんでいる感じが伝わってくるのです。

詳しい内容はこちらを

 

 

《NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA|デザイナー丸山敬太さんとのコラボ》

 

サリー・スコット(Sally Scott)の魅力

・まず、「サリー・スコット」とはデザイナーの名前ではありません。同じニューヨーカーが展開する「ケイタ マルヤマ」は、実在のデザイナー丸山敬太さんのことですが、サリー・スコットは架空の人物です。「少女のように純粋な気持ちを持ち、好奇心旺盛で、いつも新しい自分を探し続けている」・・・これがサリー・スコットの名前が表すコンセプトです。

 

 

・サリー・スコットのデザイナーはmina perhonen(ミナペルホネン)の皆川明さんです。どちらも強烈なファンが多いブランドですね。古着でも引っ張りだこなところも共通点です。つまり、買取店などの査定がいいことでも有名なブランド、それがサリー・スコットとミナペルホネンです。

 

 

・サリー・スコットのデザイン傾向を一言で表現すると、「大人の女性の中にある少女性」であると筆者は考えます。使用するテキスタイルとか、襟や裾などの丸みを帯びたライン等、キリッとしたキャリアウーマン風デザインとは一線を画しています。

 

 

・けれども、では少女趣味的かといえば、もちろんそんなことはありません。あくまでも大人の女性に似合うデザインです。私見ですが、サリー・スコットのワンピースなどは、20代の女性が着てもぴったりはまるし、60代・70代の女性が着ても実に様になる柄・色・形をしています。すべての品がそうだとは言いませんが、そういうエイジレスな品がたくさんあります。

 

 

・非常に希少なデザイン傾向を持つブランドです。したがって、ご自分が着用するのはもちろん、母の日のプレゼント、敬老の日のプレゼントにも、安心して贈ることができるブランドとなっています。

Sally Scottはこちらを

 

 

《NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA|デザイナー丸山敬太さんとのコラボ》

 

■まずはアウトレットを覗いてみてください。

・公式オンラインショップ【NYオンライン】を訪れたら、まずはアウトレットのコーナーをチェックしてみてください。驚きの割引率の超お買得商品がズラリ勢揃いです。

 

メンズ・アウトレット一覧
ウィメンズ・アウトレット一覧
サリー・スコット アウトレット一覧
ケイタ マルヤマ アウトレット一覧

 

 

・言うまでもないことですが、アウトレット商品というのは不良品とは違います。流通上のミスマッチなどでどうしても残る商品というものがあるわけです。それは、必ずしも人気がないからとは言えません。よく売れるからたくさん仕入れたけれど、ちょっと仕入れすぎて売れ残ることもあります。

 

 

・また、アパレル商品というのは、常にサイズと色がついてまわる商品で、これらが需要とのミスマッチを起こして売れ残るケースも多々あります。したがって、商品そのものはれっきとしたニューヨーカー品質を保っています。安心してお求めくださいね。

 

 

・ただし、「安いから買う」という姿勢でお求めになることは避けてください。つまり、それほど商品が気に入ったわけではないけれど、ここまで安いのなら・・・という買い物のことです。これをやると、後で後悔が出る確率が高まりますからね。

 

 

・けれども、値段が安く、しかも商品も気に入った場合なら、これはもう、正規の価格で買った時の3倍以上の満足感が得られると思います。満足感というより<痛快感>と言うべきでしょうか。

 

 

・「こんなにいいものを、なんと、この値段で!」・・・こういうショッピングはアウトレットならではの醍醐味ですからね。私たちは貨幣経済の社会で生活しているのですから、貨幣価値の大幅な増大、いわゆる「お得感」は、とてもまっとうな感覚だと思います。

 

 

・とりわけ、ウィメンズのアウトレットは、たいていメンズより商品点数が多いので、女性のみなさんはより多く楽しめると思いますよ。

アウトレット・コーナーはこちら

 

 

《NEWYORKER BY KEITA MARUYAMA|デザイナー丸山敬太さんとのコラボ》

 

■発送方法・配送日数・返品・送料・支払い方法について

・(発送方法)商品の発送方法に関して、ニューヨーカー/NEWYORKERは、ほとんど最高レベルの手厚さで自宅に届きます。大きい商品も小さい商品も、それぞれ一点一点袋に詰められ、さらにそれらをダンボールの箱にまとめて入れるのですが、箱の中で商品が移動しないようビニールのエアバッグで押さえつけます。これによって、輸送中に縦になったり横になったりしても、中の商品にシワが寄る心配がなくなります。ちなみに、「エアバッグ」というのは、ビニールがパンパンに膨らんだ例のアレのことです。尖ったもので穴を開ければ、プシュッ、と小さくなります。

 

 

・(配送日数)午前8時までの注文はその日に発送します。それ以後の注文は翌日発送です。ただし、注文が土日の場合は休み明けからカウントします。裾上げやネーム入れ等のオプションを希望する場合は、通常の発送予定日からさらに2営業日後の発送になります。以上は「発送日」で、その商品が実際に皆さんのご自宅につくのは、さらに2日か3日後となります。たとえば、月曜日の夜10時に注文した場合、発送は火曜日になり、自宅に届くのは木曜日か金曜日になります。ですから、ちょっと余裕を見て注文するようにしてください。

 

 

・(返品)送られてきた商品が不良品であったり、配送間違いである場合、返品することが可能です。返品可能な範囲に関しては、他の通販店と大差ないです。特にニューヨーカーが有利なところは見当たりません。普通です。アマゾンのjavariのように「ほとんどなんでも返品可」というのは、今後に期待したいところですね。通販は手にとって確認できないので、返品条件も緩やかにして欲しいです。とはいえ、そう言っておきながら、なんですが、ニューヨーカー品質を知っている方には、大した不満点にはならないとも思います。

 

 

・(送料)1回のお買い物の合計が21、000円以上で「送料無料」です。これに満たない金額の場合は525円です。なお、代引き手数料は別途必要です。21、000円以上のお買い物でも、必要です。

 

 

・(支払い方法)クレジットカードか代引きが可能です。

 

 

(※)ニューヨーカーには「初回購入特典」というのがあって、@商品合計額から1000円割引 A購入額がいくらでも送料無料 B返品時の送料無料 C代引き手数料無料 となります。これはニューヨーカー、サリー・スコット、ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマのいずれのショッピングにも適用されます。ちょっとした特典ですが、額によってはけっこうありがたい特典ですね。10万円の買い物ならあまり恩恵は感じませんが、1万円の買い物ならけっこう助かります。ニューヨーカーの通販が初めての方が<お試し>で利用する場合なら、かなり嬉しい特典だと思います。

ニューヨーカー公式ページはこちらを

 

 

《ニューヨーカー バイ ケイタ マルヤマ|最高のコラボ!》

 

<このページの管理人>

・自称フリーライターのユキナです。

・ファッション関連の記事を担当。

・私の記事が皆さんの参考になれば幸いです。